長寿命で資産価値があり、その保証システムがしっかりしていること

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

クリックでメニューが開きます。
 
閉じる
アイフルホームの家づくり アイフルホームが考える“本当にいい家”
長寿命で資産価値があり、その保証システムがしっかりしていること
子ども育てる家に大切なことは、長く住める家であることです。子どもの成長に合わせてどんどん増えていく家族の思い出や歴史・・・。家は誰にとっても心を支えてくれる存在となるのです。その家を子ども世帯が受け継いで住んでいくことも、大きな楽しみの一つです。
近年、200年住宅という言葉をよく聞くようなりました。これまで日本の住宅は平均寿命が約30年と、欧米に比べて著しく短いものでした。しかし、こうした状態では、30年ローンが終わるときまた新たなローンを組んで家を買わなければならない、一生ロ-ンづけで豊かさを享受できないことになります。そこで家の耐久性を格段に伸ばし、200年住宅という言葉に代表される超長期住宅を普及させていこうというのが、2006年に施行された、住宅の憲法ともいうべき住生活基本法の考え方の一つです。
こうしたことから、アイフルホームでも高耐久で、数十年先も資産価値が保たれる家を目指し、さまざまな取り組みをしています。


ところで、安心して住み続けるためには、建てる前や建てている間はもちろんのこと、建てた後も保証やアフターメンテナンスのシステムがしっかりしていなければなりません。
いい家であるためには「保証」や「アフターメンテナンス」のシステムが十分でなければならないのです。
アイフルホームでは、建てる前に家の基盤となる地盤調査を、着工後は着工立会、基礎検査、上棟検査、中間検査、木完検査、完工検査、完成検査、引渡しの各段階において、アイフルホーム加盟店の8回の品質検査(200項目以上)を実施、さらに国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人であるJIO((株)日本住宅保証検査機構)による現場検査も2回行っています。また、万が一アイフルホーム加盟店に不測の事態が起こってしまったとしても、住まいを完成及びお引渡しすることを確約する「完成引渡保証」も行っています。


高い品質を維持しながらコストを抑え、長く住み続けるための保証制度がしっかりしている家は、経済的にも心理的にもゆとりが持てる家でしょう。

アイフルホームが考える「本当にいい家」の六つの条件
1 家族の命を守ること
2 生涯にわたって経済的にゆとりがもてること
3 長寿命で資産価値があり、その保証システムがしっかりしていること
4 快適で健康な生活を過ごせること
5 こどもと家族が一緒に育つ家であること
6 環境問題などさまざま社会問題の解決策になっている家であること



注文住宅の「セシボ」の商品紹介ページへ。すべての人にやさしいキッズデザインの家づくり。アイフルホームのキッズデザインは、大切にしたい家族の絆、子どもの好奇心や感受性、ゆとりをつくる家事効率を考え、家族みんなの笑顔が生まれる家づくりを提案します。
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る