快適で健康な生活を保てる家

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

クリックでメニューが開きます。
 
閉じる
アイフルホームの家づくり アイフルホームが考える“本当にいい家”
快適で健康を保つ家
アイフルホームが考える第四のいい家の条件は快適で健康を保てる家です。
一般的に快適で健康を保てる家というと、冬暖かく、夏は涼しい温熱環境を整えること、内装材にホルムアルデヒドなどシックハウスを引き起こさない素材や建材を使うことなどの取り組みが一般的です。

しかし、アイフルホームでは、それはもちろんのこと「ストレスフリー」という新しい快適性に挑戦し、新商品の「セシボ」で形にしました。子ども育てる家にとって大切なのは、まずママやパパがいつも笑顔で暮らせることです。どんなすてきな部屋やインテリアをそろえても、ママやパパがイライラしていたら、子どもは悲しい想いをしてしまいます。だからストレスフリーという考えを取り入れたのです。

家事が効率よくできて、子育てのストレスをなくす家にするため、どのようなキッチンにするかを決め、そこを中心に全体を設計した家がセシボです、だから、一日のうちでキッチンやダイニングにいる時間がもっとも長いママが、子どもがどこで何をしているのかがわかる「子どもの見張り場」として位置付けました。1階タタミ室を子どもの遊び場にしておくと、キッチンから子どものいるタタミ室が見渡せます。ダイニングの吹き抜けは2階にいる子どもの気配を感じとることもできますし、ご飯のときなど2階に呼びにいく必要もありません。子どもがどこにいるかが一目で見られれば、安心して家事ができますし、子どもの目線の家づくりは、子どものことだけを考えるのではなく、ママの負担を減らす ことで子育てのサポートをし、家族の絆が培われるような工夫に満ちた家でもあるのです。


アイフルホームが考える「本当にいい家」の六つの条件
1 家族の命を守ること
2 生涯にわたって経済的にゆとりがもてること
3 長寿命で資産価値があり、その保証システムがしっかりしていること
4 快適で健康な生活を過ごせること
5 こどもと家族が一緒に育つ家であること
6 環境問題などさまざま社会問題の解決策になっている家であること



注文住宅の「セシボ」の商品紹介ページへ。すべての人にやさしいキッズデザインの家づくり。アイフルホームのキッズデザインは、大切にしたい家族の絆、子どもの好奇心や感受性、ゆとりをつくる家事効率を考え、家族みんなの笑顔が生まれる家づくりを提案します。
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る