保証も住まいの品質、アイフルホームの「家族の安住アシストシステム」

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

 
閉じる
アイフルホームの安心サポート

家族の安住アシストシステム

保証も住まいの品質、アイフルホームの「家族の安住アシストシステム」

充実した内容、いつまでも『安心の暮らし』を応援します。

ご存じでしょうか。日本の住宅の平均寿命は30年弱。イギリスの77年、アメリカの55年と比べると余りにも短いと言えます。四季を持つ日本の気象条件下では無理もない話かもしれません。しかしこれはけっして住宅そのものの構造や耐久性の差だけではありません。むしろこの差は、住まいの快適性と安全性を長期にわたり維持管理する「システム」の差にあると言えるでしょう。
住まいはお客様の大切な財産です。その財産を永く保ち、次の世代への資産として住まいを残すためには、家の基本となる構造の耐久性をきちんと考えたうえで、永きにわたる保証とメンテナンスのためのシステムが必要になります。 アイフルホームはお客様の暮らしの「安心」をしっかり見据え、「建てる前」「建てる時」「建てた後」の「安心」について真剣に考え、本当の意味での「住まいの安心」を目指しています。
そして、ご入居後、快適性と安全性が持続し満足して暮らせる、そんな「安心」をお届けするために、家の基盤となる「地盤調査」、「アイフルホーム加盟店による品質検査」と建築中の「保険法人による現場検査」、確実な「完成引渡保証」、お住まいの健康状態をチェックする「長期継続点検」、住宅品質の証の「瑕疵保証」、地震に対する安心を「耐震補償」、一貫した体制で、お客様の暮らしを応援してまいります。
住宅FCとして最大規模を誇るアイフルホームがご提供する「家族の安住アシストシステム」は、確かな実績と組織力により、永きにわたる安心を実現した内容です。
アイフルホームのリフォーム
完成引渡保証

完成、お引渡しに100%の安心。

アイフルホームグループではお客様のご契約されたお住まいの“完成”“お引渡し”を保証。 万一ご契約いただいた加盟店が不測の事態により契約を遂行できない場合、お客様のお住まいの“完成”“お引渡し”を責任を持って保証します。
耐震補償

地震に対する揺るぎない安心を…

「地震に負けない、安心して生活できる住宅を供給する」それが私たちの使命の一つだと考えています。 強い構造体と独自の検査体制で高い耐震性能を誇る住宅を建築し、その構造に自信があるからこそできる「耐震補償付き住宅※」。これは、万が一お客様の家が地震の揺れを起因として全壊した場合、一定条件のもとに建て替えを実施するものに、建て替え費用の一部を負担する制度です。
※地域、プランによっては耐震等級3とならない場合があります。その場合は耐震補償対象外とさせていただきます。
※阪神淡路大震災及び中越地震と同程度までの揺れ(計測震度)による地震で全壊した場合、最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担します。
もっと詳しく見る
住宅履歴情報
お客様の家の資産価値向上、及びリフォーム時の円滑対応のため、住宅の設計・施工図面、維持管理の履歴等の情報、すなわち「住まいの履歴書」を、お引渡し後30年間に渡りデータ保管するサービスです。
データ保管された情報は、お客様がいつでもパソコン上で閲覧が可能となります。
お引渡し後、アフターメンテナンスも含め、生涯に渡ってお客様とのお付き合いをいたします。
瑕疵保証
アイフルホーム加盟店でご契約された全ての新築住宅においては、瑕疵担保履行法に基づき瑕疵の補修が確実に実施されるよう指定保険法人※の住宅瑕疵担保責任保険に加入して資力の確保を行い、平成12年4月に施行された品確法により国が定めた10年の瑕疵担保の責任を履行いたします。
※瑕疵保証は、保険法人による現場検査を実施し、合格することが条件となります。
※保険法人とは国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人を指します。
長期継続点検
家を完成させることだけが私たちの仕事ではありません。建物の資産価値を永く保つためにも、お引き渡し後長期にわたり、ご契約されたアイフルホーム加盟店が住まいの健康状態を点検。お客様のご希望によって、幅広い範囲で定期的に点検、ご相談に応じます。
※20年目までは無料点検です。それ以降は有料点検となります。
地盤調査

大切な住まいを襲う不同沈下をご存じですか…

大切な住まいを襲う不同沈下をご存じですか地盤調査 いちばん身近な地盤沈下、住まいの不具合の原因になる不同沈下をご存知でしょうか。不同沈下とは、地盤が家の重さに耐えられず家の沈下をまねいてしまう現象です。沈下量に差があると家が斜めに傾き、建具や窓の開閉が困難になる、壁やタイルがひび割れる、柱、床が傾斜する、場合によっては住めなくなることや建て替えなければいけないなど、さまざまな問題をひきおこします。
一見、同じように見える宅地でも、精度の悪い造成地や樹木やゴミなどをそのままにした埋め立て地などは、地盤が軟弱と言われています。これら精度の悪い土地に不用意に家を建ててしまうと、建物が傾斜するなど、思わぬ事態を招くこととなります。アイフルホームでは、お客様の建築予定地の地盤を調査し、敷地状態に合わせた、最適な基礎仕様をご提案致します。
※適切な基礎工事、改良工事は建築法規上も義務付けされており、そのための地盤調査は必ず実施して頂く必要があります。
※調査費用は別途発生します。
※掲載の写真はスウェーデン式サウンディング試験。
約200項目にわたるアイフルホーム加盟店の品質検査
約200項目にわたるアイフルホーム加盟店の品質検査 ※掲載の写真は中間検査 瑕疵保証において、長期間にわたり性能を保てる住宅かどうか、着工からお引き渡しまでの間、アイフルホーム加盟店独自で行う8回の品質検査(200項目以上)を厳しく行い、お客様にさらなる安心の住まいをお届けします。

安心の国土交通大臣指定の保険法人による3回の現場検査
階数3以下の瑕疵保険対象住宅では保険法人による現場検査が必須で2回行われます。その2回の現場検査では、主に、構造に関わる部分の検査が行われ、雨漏れの要因となる部分の検査は十分ではないのが実態です。アイフルホームでは、その雨漏れの要因となる重要な部分についても、国土交通大臣指定の保険法人による現場検査を全ての新築住宅で実施し、合計3回の現場検査を実施します。

※保険法人とは、国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人を指します。

基礎配筋検査(1回目)
基礎配筋検査
躯体検査(2回目)
躯体検査
追加外装下地検査(3回目)
追加外装下地検査
(3回目)
※写真はイメージです。実際とは異なる場合がございます。

アイフルホーム加盟店でご契約された全ての新築住宅においては、住宅瑕疵担保履行法に基づき瑕疵の補修が確実に実施されるように国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人であるJIO(株式会社日本住宅保証検査機構 詳しくはこちら ※外部サイトへリンク)の住宅瑕疵担保責任保険に加入して資力の確保を行っています。

住宅瑕疵担保責任保険法人:日本住宅保証検査機構は住宅瑕疵(かし)担保責任保険、リフォーム瑕疵(かし)保険等の 住宅瑕疵担保責任保険法人
株式会社日本住宅保証検査機構
JIOについて詳しくはこちら ※外部サイトへリンク

家族の安住アシストシステムのフロー

家族の安住アシストシステムのフロー
■上記の図をクリックすると、PDFにて詳細をご覧いただけます。
■家族の安住アシストシステムは戸建て住宅が対象です。

※家族の安住アシストシステムは戸建て住宅が対象です。詳しくは営業担当者へお尋ねください。
※保証の履行にあたっては一部条件及び保証免責事項がございますので、詳しくは営業担当者へお尋ねください。
Get ADOBE® READER® このページではPDFファイルを使用しています。
PDFファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で配布されています。
Adobe Readerのダウンロードはこちら


商品ラインナップ

セシボ
平屋住宅「AYA」
3階建て「SUPREME」
賃貸住宅・アパート経営なら「EH Maison-M」
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る