充実した検査体制と強靭な構造体だからこそ 実現する耐震補償制度。

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

 
閉じる
アイフルホームの安心サポート

「耐震補償付き住宅」の条件

充実した検査体制と強靭な構造体だからこそ 実現する耐震補償制度。

地震に対する、揺るぎない安心を。アイフルホームならではの「耐震補償制度」。

「地震に負けない、安心して生活できる住宅を供給する」。それが、私たちの使命だと考えています。 アイフルホームは、地盤や構造などに対する充実した検査体制、信頼の構造体と劣化軽減対策によって、地震に強い家を実現しました。 私たちがつくる家は、大切な住まいを守り、ご家族に真の安心をお届けします。

「耐震補償付き住宅」とするための5つの条件

適切な調査と検査を実施
1検査体制 『瑕疵保証』付

建てる前に地盤をチェック

せっかく強固な建物を建築しても、地盤に問題があれば家を支えられません。地盤調査および軟弱地盤対策により、適切な基礎工事を行います。

施工中の現場をチェック

保険法人の建築士等の資格を持った現場検査員が3回の現場検査を行います。
建てる前に地盤をチェック
施工中の現場をチェック
規定の耐震性能を備えているか確認
2検査体制 構造チェック(プランチェック)
アイフルホーム加盟店が、お客様のご要望に応じて設計したプランを、(株)LIXIL住宅研究所にてチェック。〈耐震等級3〉相当の構造かチェックを行い、「構造チェック結果報告書」を発行します。 規定の耐震性能を備えているか確認
着工からお引渡しまで各工程で検査
3検査体制 アイフルホームの加盟店のチェック
着工からお引き渡しまでの間に、アイフルホーム加盟店独自で8回の品質検査を実施。永きに渡って適正な性能を保てる住宅となっているか確認します。 着工からお引渡しまで各工程で検査
4構造体 木造住宅の先進テクノロジー、グランドスクラム構法による強靭な構造体を採用
グランドスクラム構法は、木造住宅の強さを追求したテクノロジーです。プレカット構造用集成材、剛床工法、金物を使った接合技術を融合。適切な基礎仕様とともに、耐震等級3(最高等級)に相当する耐震性能を備えています。

(注)地域やプランにより、耐震等級3相当とならない場合もあります。その場合は、耐震補償対象外となります。
適切な基礎仕様とともに、耐震等級3(最高等級)に相当する耐震性能を備えています。
剛床工法
1階・2階の床に、梁と床面を固定し一体化させた「剛床工法」を採用。地震や台風時の横からの外力に強い家を実現しました。
剛床工法
基礎仕様
立ち上がり幅を150mmに設定することにより、鉄筋の防錆に配慮しました。
基礎仕様
プレカット構造用集成材
強度が安定し、経年による寸法変化が少ない構造用集成材を予め工場で使用のサイズ・形状に加工するので、高い精度と品質が確保できます。
プレカット構造用集成材
プレカットテクノスター金物
接合部(継手・仕口)をテクノスター金物で強固に接合。構造材の接合部のカットを最小限に抑え、木材がもつ本来の強度を引き出します。
プレカットテクノスター金物
5耐久仕様 湿気・熱による構造材の劣化を防ぐ、耐久仕様であること
湿気は木造住宅の大敵。特に、壁体内結露は シロアリや腐朽菌の温床となります。 そこで、外壁・床下・屋根のすべてから換気できる構造を採用。 建物全体で呼吸して、長持ちする家を実現します。
湿気は木造住宅の大敵。特に、壁体内結露は シロアリや腐朽菌の温床となります。 そこで、外壁・床下・屋根のすべてから換気できる構造を採用。 建物全体で呼吸して、長持ちする家を実現します。

外壁換気工法

外壁材や断熱材で覆われた壁内の通気をスムーズにする、外壁換気工法を採用しました。壁体内に湿気が発生した場合は自然に室外に排出し、壁体内の結露を抑えます。

全周床下換気工法

床下には、土台と基礎のコンクリートの間に床下換気部材を設置。そのすき間を利用して換気を行うことで空気の滞留を防止し、床下全体を空気がスムーズに流れます。

屋根まわり換気口

屋根頂部に設けた棟換気口で、屋根裏に発生した湿気と熱気を排出。そして、軒裏の換気口では壁内に発生した湿気を排出し、室外の空気を取り込んで換気します。

シロアリ対策

シロアリの被害は、地震による家屋の倒壊にも大きな影響を及ぼします。継続して中断することなく白蟻防蟻保証が付保されていることが必要となります。



商品ラインナップ

セシボ
平屋住宅「AYA」
3階建て「SUPREME」
賃貸住宅・アパート経営なら「EH Maison-M」
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る