品質をよりわかりやすく | 性能表示とは

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

 
閉じる
アイフルホームの性能 〜More Quality for Your Life〜
安全性能耐久性能快適性能

品質をよりわかりやすく性能表示とは

品質をより分かりやすく見えるように性能表示とアイフルホームの取り組み
耐震設計
性能表示 アイフルホームは、「より良い家を、より多くの人に、より合理的に」提供するという会社の使命に基づき、お客様にとって本当に必要だと考えるものにはより高い性能で応えてまいります。アイフルホームが考える本当に必要なものとは何か。それは、お客様の暮らしをいつまでも「安全」に守り続けるための住宅性能です。そのために、耐震、ホルムアルデヒド対策、維持管理対策、劣化対策においては「最高等級」を基本性能としました。しっかりした構造、健康への配慮、そしてこの性能を長く維持する十分な対策、それはお客様の「安全」を守るための大切な技術です。「安心の家づくり」を応援するアイフルホームの姿勢は、住宅の性能においても変わることなく貫かれています。


最高等級じゃなきゃいけないの?

この住宅性能表示に関しまして、お客様から「全項目が最高等級じゃなきゃいけないんですか」とのご質問をお受けすることがよくあります。しかし、あらかじめ全項目を一様に高い等級にすることはコストアップにつながるだけでなく、等級の規定する仕様に限定されたり、性能をだすためにプランの自由度が落ちてしまうこともあります。アイフルホームは、お客様のお考えになっている家づくりや資金計画に基づき、長期的な視野から本当に必要と思われる住宅性能をご提案させていただきます。
※地域やプランにより最高等級にならない場合もあります。
10の性能表示項目

10の項目は暮らし方、建て方を検討する目安。

性能表示の10の項目は、建築基準法に基づいてその等級が決められています。たとえば構造の安定、耐震等級が「1」は、基準法の阪神淡路大震災クラスの地震に十分耐えうるレベルを表す等級です。もし、10項目すべてが「1」であったとしても、その家は建築基準法がさだめた安全に暮らすために必要な性能を十分に充たしている家といえます。性能表示は、最高等級、最低等級という印象だけで判断するものではありません。 家を建てる時に、どんな生活環境の中で、どのような暮らしをしたいのか、そのための家の性能はどうあるべきなのか、どこを重視するべきか…、性能表示は、これらを検討するための目安なのです。


商品ラインナップ

セシボ
平屋住宅「AYA」
3階建て「SUPREME」
賃貸住宅・アパート経営なら「EH Maison-M」
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る