耐震設計にこだわるアイフルホーム

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

 
閉じる
アイフルホームの性能 ~More Quality for Your Life~
安全性能耐久性能快適性能

性能表示制度における「構造の安定」(構造躯体の倒壊防止等)においてアイフルホームは最高等級の「耐震等級3」相当の耐震性能を実現しています。

地震に強い家をつくるためには、基礎が大事です。全棟で地盤調査、その結果に基づいた最適な基礎を施工します。

耐震等級3相当とは?

性能表示制度における「構造の安定」(構造躯体の倒壊防止等)においてアイフルホームは最高等級の「耐震等級3」相当の耐震性能を実現しています。

「品確法 -  住宅の品質確保の促進等に関する法律」

住宅の耐久性能を向上させ、欠陥住宅を防ぐことを目的に、平成12年に国土交通省によって施行された法律です。

住宅性能表示制度とは

「品確法」の中で、住宅の性能に対し、客観的に評価を受ける事が前提となっているのが「住宅性能表示制度」。耐震性・耐久性・遮音性・耐火性などの10の項目を共通の基準で評価し「等級」で表示しています。「耐震等級3」は、耐震基準を表す最高等級です。

構造の安定(耐震等級)の最高等級を実現

「構造の安定」(構造駆体の倒壊等防止)の項目は地震などの外力に対して、その住宅が倒壊や損傷に耐えうるレベルを表します。アイフルホームはこの項目において「耐震等級3」相当の性能※を実現しています。
アイフルホームが基準にしているのは、「耐震等級3」相当の設計。一邸一邸のプランを構造設計CADシステムで検証し、住まいの安全性を確かなものにします。等級3は、国土交通省の住宅性能表示制度・耐震等級における最高等級であり、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の1.5倍の地震力に対しても倒壊しないレベルを表します。

※記載内容は、住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したものです。同制度に基づき設計段階で評価したもので、完成後や経年変化を考慮したものではありません。地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。(申請・評価には別途費用がかかります。)
「地震大国」と言われる日本。頻発する地震。いつ、どこで起こるかもしれない大地震。大切な家族や資産を守るため万全の備えが必要です。
「地震大国」と言われる日本。頻発する地震。いつ、どこで起こるかもしれない大地震。大切な家族や資産を守るため万全の備えが必要です。

近年に発生した大地震

気象庁ホームページ被害地震資料より
1995年1月17日
阪神・淡路大震災(マグニチュード7.3)
全壊104,906棟・半壊144,274棟
2000年10月6日
鳥取県西部地震(マグニチュード7.3)
全壊435棟・半壊3,101棟
2004年10月23日
新潟県中越地震(マグニチュード6.8)
全壊3,185棟・半壊13,792棟
2005年3月20日
福岡県西方沖地震(マグニチュード7.0)
全壊133棟・半壊244棟
2007年3月25日
能登半島地震(マグニチュード6.9)
全壊638棟・半壊1,563棟
2007年7月16日
新潟県中越沖地震(マグニチュード6.8)
全壊993棟・半壊3,286棟

阪神・淡路大震災において倒壊ゼロ

阪神・淡路大震災において倒壊ゼロ 9万件以上の住宅が全壊し、半壊を入れると20万件以上の住宅が損壊した阪神・淡路大震災。激震の中で、アイフルホームの住宅は、全壊、半壊ともなく、全棟無事でした。その後も、鳥取県西部地震(2000年・M7.3)、芸予地震(2001年・M6.7)、福岡県西方沖地震(2005年・M7.0)新潟中越沖地震(2007年・M6.8)、能登半島地震(2007年・M6.9)、岩手・宮城内陸地震(2008年。M7.2)など、日本では大きな地震がたびたび発生し、家屋の倒壊など、甚大なる被書を出しています。アイフルホームにとって、家の安全性能、中でも耐震性能は、もっとも大切な性能のひとつです。家は家族の安全を守りつづけなければなりません。耐震性能を高め、揺るぎない品質を追求するアイフルホームは、技術の革新を重ね、住宅性能表示制度の「耐震等級3」相当を実現しています。
アイフルホームの推奨するプランは、住宅性能表示制度の耐震等級において最高等級である耐震等級3相当です。

構造の安定(耐震等級)の最高等級を実現

「構造の安定」(構造駆体の倒壊等防止)の項目は地震などの外力に対して、その住宅が倒壊や損傷に耐えうるレベルを表します。アイフルホームはこの項目において「耐震等級3」相当の性能※を実現しています。

※記載内容は、住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したものです。同制度に基づき設計段階で評価したもので、完成後や経年変化を考慮したものではありません。地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。(申請・評価には別途費用がかかります。)

アイフルホームの耐震等級3相当とは

住宅性能表示制度の耐震等級とは、3段階で表示され、耐震等級1は、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震に耐えるレベルの耐震性能を表示したもので、等級2は耐震等級1の1.25倍、等級3は耐震等級1の1.5倍の地震力に対しても倒壊しないレベルを表します。
地震に強い家を実現するための3つの条件 適切な地盤調査/強い構造体/優れたバランスの耐震設計
アイフルホームでは、これまでにご紹介した「適切な地盤調査」「基礎計画」グランドスクラム構法による「強い構造体」はもちろん「優れたバランスの耐震設計」を行うことで、地震に強い家を実現しています。
耐震設計
どんなに強い部材を使い、構造をつくっても、設計のバランスが悪ければ十分な耐震強度は発揮できません。アイフルホームでは、耐震設計マニュアルと構造設計CADシステムで、設計するすべてのプランの耐震性能をチェックします。耐震強度にとって重要な、壁量、壁の配置バランス、接合強度のチェックを重ね、より安全性の高いプランをつくります。
耐震強度にとって重要な、壁量、壁の配置バランス、接合強度のチェックを重ね、より安全性の高いプランをつくります。
※記載内容は、住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したものです。同制度に基づき設計段階で評価したもので、完成後や経年変化を考慮したものではありません。地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。(申請・評価には別途費用がかかります。)

商品ラインナップ

セシボ
平屋住宅「AYA」
3階建て「SUPREME」
賃貸住宅・アパート経営なら「EH Maison-M」
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る