すごい家
来店予約はコチラから
第15回キッズデザイン賞を
受賞「すごい家。」
子どもたちを産み育てやすいデザイン部門にて、キッズデザイン賞を受賞しました。

これからの時代に求められる家をつくりたい。
私たちは、住まい手の皆さんや専門家の
「すごい声」を聞くことからはじめました。

全国でアンケート調査や座談会を実施。
「すごい声」が集まりました。

あなたが今、不安に感じていることは何ですか?

やっぱり気になるのは自分や家族の健康のこと。

33.6%の割合で「自身の健康のこと」が第1位に。経済的なことよりも、ご自身やご家族の健康への関心が高いという結果になりました。

※複数回答の回答数で算出(N=331)
※自社調べ

求められているのは、健康につながる暮らしでした。

専門家に「健康」と「家」について聞いてみました

岩前篤さん
1961年生まれ。住宅メーカー勤務を経て、2003年より近畿大学建築学部教授。現在、建築環境システム研究室にて、建築物内外の温熱・湿度・空気環境とエネルギーについて研究中。

「人生で長い時間を過ごす家は、想像以上に健康と関係が深いのです」

地域仕様について

※詳しくは、店舗スタッフにご確認ください。

「ただいま動線」で家事ラクに!ファミリークローゼットと洗面

玄関近くにウォークインクローゼットと洗面を設置。ウイルスや花粉を室内に持ち込まない、帰ってすぐに手洗いできる、家族の衣類がここに集まるので家事がラクなど、いま注目を集めているスタイルです。

ごろりと寝転びたくなるリビングとつながる和室

昼寝するなら、やっぱり畳!という方も多いのでは。リビングと和室の間に扉がないため、部屋を広く使用することができます。

「みんなで使える二型キッチン料理も配膳もラクラク

シンクとコンロを分けた二型キッチンは、家族で立っても余裕の広さ。シンクはリビングが見渡せる対面アイランド型に。ダイニングテーブルをつなげることで、料理や配膳、後片付けがぐんとラクになります。

便利なワイドカウンター

コンロ側の脇にワイドカウンターをプランニング。家事の合間に休憩や仕事、作業をしたり、子どもたちが勉強したりと、パブリック空間にあるので家族みんなで使えます。

天気を気にせず洗濯ができる!ストレスがないランドリールーム

脱衣所+洗濯機置き場+室内物干し場と多機能なランドリールームは、脱ぐ~洗う~干すがここで完結。洗面と脱衣所を分けることで、お互いの生活リズムをじゃますることなくストレスフリーに。

ゆっくりなひと時を過ごせるシアタールームにもなるフリールーム

自由な発想でどんな空間にも変化できるフリールーム。例えばプロジェクターを設置すればミニシアタールームとして使用でき、ゆっくりとしたひと時を過ごせます。

広く開放的な主寝室

なんと10畳超の広さのある主寝室。ベッドを置いてもゆとりのくつろぎスペースを確保できます。

広くて集中できる主寝室隣の書斎スペース

PCやプリンタを置くスペースが欲しい!リモート会議に生活感を出したくない!新しいワークスタイルにも、ここならしっかり対応可能。

2階にもうひとつの洗面朝の「渋滞」もこれで解消

朝、洗面やトイレが渋滞して困るというご家族へ、2階にもうひとつの洗面・トイレをプランニング。ゆとりを持って支度できる幸せを。

使い方は自由自在!広々とした大型バルコニー

みんなでBBQ、ミニプールを置いて水遊び、おうちキャンプに天体観測etc.ライフスタイルに応じて自在に使える広さがうれしい大型バルコニーです。

最新のテクノロジーが
住まい手を健康的な暮らしへと導きます。

家族のカラダとココロの健康を考えた
新しい暮らし方を提案します。

健康のためには、一年中適度な室温の家が必要です。

  • 124時間熱交換換気

    室内の空気を常にきれいな状態に保ち、さらに熱交換換気で温度環境も一定に保ちます。

  • 2吸気口

    汚れた空気を屋外への排気とし、UV光触媒ユニットに送るための吸気口です。

  • 3セントラルエアコン

    1台のエアコンで家全体に適温の空気を送ります。各部屋にエアコンがないので見た目も美しくなります。

  • 4ブースターファン

    温められた空気を1Fに送りこみます。

日本の家が寒いのはなぜ?その寒さと健康は関係があるのですか?

「昔は夏の暑さがリスク。近年、影響がわかってきました。」

夏涼しく風通しの良い家に。
“寒さは我慢”が普通でした。

エアコンなどなかった時代には、高温多湿の夏を快適に過ごすために、風通しを良くする家づくりが行われていました。その分冬の寒さは我慢があたり前となり、我慢していることに気づかないほどに。しかし近年の研究で、冬の寒さと健康の相関関係がわかってきたのです。

冬場の寝室は10℃前後が多い?!

日本の一戸建てでは、エリアを問わず冬の寝室の多くが10℃前後の温度に。30℃前後に保たれた暖かな寝具から出るだけで、身体は20℃の温度差にさらされてしまいます。

“一日中暖かい”が世界の常識

欧米では、室内は一日中暖かくしておくのが一般的。日本には就寝時に暖房を止めてしまう習慣があり、冷たい空気が肺や身体の冷えにつながって健康に影響をもたらすのです。

家の中の温度差も、健康に大きく関係します。

モデルハウスを撮影したものに加工を施したイメージです。

業界最高水準の断熱性能“HEAT20 G3”を持つ「すごい家」。

業界最高水準の断熱性能
“HEAT20 G3”をクリア。

平成28年の省エネ基準やZEH適合基準の上をいく“HEAT20”の最高グレードとなるG3の断熱性能基準をクリア。熱の逃げにくさを示すUA値がG3基準の0.26W/㎡•Kのさらに上をいく0.23W/㎡•Kを実現しました。

全館空調と高断熱性能で、部屋間や部屋の上下の温度差を解消。

“顔がほてり足元がひんやり”が
ありません。

高断熱と全館空調により、部屋の上下の温度差の少ない家に。暖房を効かせると顔はほてり、足元は寒いままといったことがなく、部屋全体が均一に暖まります。

“部屋を出ると廊下は冷え冷え”も
ありません。

高断熱・全館空調の家は、外の寒さや暑さを家の中に持ち込まないだけでなく、部屋の上下の温度差も少なく、部屋間の温度差も少ない、快適な空間を実現できます。昔の家のように暖かいリビングを一歩出ると、エアコンの暖気が届かない廊下や洗面所、トイレは寒くて震えてしまったり、夜中トイレに行くのが寒くてイヤ、といった心配は無用。急激な温度変化による身体への負担も軽減されます。

断熱性能は、健康とどういう関係があるのですか?

「高断熱の家に住むと」健康改善につながるというデータがあります。

ヒートショックによる死者数は
年間で約17,000人?!※1

冬の深夜、布団の中が30℃、室温が10℃とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃の温度差を感じ、廊下やトイレはさらに寒くなります。この温度差によるヒートショックこそが健康の大きなリスク。日本でのヒートショックに関連した死者数は2011年の1年間で約17,000人と推計されています。

※1 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所による推計

高断熱の家に住んだら健康が改善したという声。

高断熱の家に引っ越した人に健康状態の変化を聞いたところ、断熱性が高い家ほど引っ越してから健康を害する諸症状が出なくなったという割合が高いことがわかりました。

家の断熱は、運動や禁煙より健康改善の貢献度が高いのです。

さらに飲酒・運動・禁煙・断熱の4つの要因でどれが健康改善への貢献度が高いのか調査すると、いずれの症状においても断熱が最も改善に貢献するという結果となりました。

健康のためにきれいな空気をすべての部屋に。

最新の空調換気システムで
クリーンな空気環境を実現

外からの空気をきれいにして取り込むテクノロジーと家の中の空気をきれいにして循環するテクノロジーで『窓を開けないで計画的に換気』ができます。

冬の寒さ、春の花粉、外のほこりなどが気になって窓を開けたくないという住まい手の声に応えるためのテクノロジーです。C値0.2という圧倒的な高気密住宅だからこそ実現できる新しい生活スタイル。高性能フィルター、光触媒のテクノロジーでクリーンな空気を循環させます。

3つの効果で家族の健康を守ります

地域仕様について

※詳しくは、店舗スタッフにご確認ください。

地域仕様について

※詳しくは、店舗スタッフにご確認ください。

「ただいま動線」で家事ラクに!ファミリークローゼットと洗面

玄関近くにウォークインクローゼットと洗面を設置。ウイルスや花粉を室内に持ち込まない、帰ってすぐに手洗いできる、家族の衣類がここに集まるので家事がラクなど、いま注目を集めているスタイルです。

ご天気を気にせず洗濯が干せるドライルーム

天気に左右されずに洗濯物が干せるドライルーム。隣にファミリークローゼットがあるため、収納もラクに行えます。

みんなで使える二型キッチン料理も配膳もラクラク

シンクとコンロを分けた二型キッチンは、家族で立っても余裕の広さ。シンクはリビングが見渡せる対面アイランド型に。ダイニングテーブルをつなげることで、料理や配膳、後片付けがぐんとラクになります。

便利なワイドカウンター

コンロ側の脇にワイドカウンターをプランニング。家事の合間に休憩や仕事、作業をしたり、子どもたちが勉強したりと、パブリック空間にあるので家族みんなで使えます。

ごろりと寝転びたくなるリビングとつながる和室

昼寝するなら、やっぱり畳!という方も多いのでは。リビングと和室の間に扉がないため、部屋を広く使用することができます。

洗面と脱衣所を分けてストレスフリーに

洗面と脱衣所を分けることで、お互いの生活リズムをじゃますることなくストレスフリーに。忙しい朝でもそれぞれがスムーズに身支度できます。

広くて集中できる主寝室隣の書斎スペース

PCやプリンタを置くスペースが欲しい!リモート会議に生活感を出したくない!新しいワークスタイルにも、ここならしっかり対応可能。

広く開放的な主寝室

なんと10畳超の広さのある主寝室。ベッドを置いてもゆとりのくつろぎスペースを確保できます。

2階にもうひとつの洗面朝の「渋滞」もこれで解消

朝、洗面やトイレが渋滞して困るというご家族へ、2階にもうひとつの洗面・トイレをプランニング。ゆとりを持って支度できる幸せを。

ゆっくりなひと時を過ごせるシアタールームにもなるフリールーム

自由な発想でどんな空間にも変化できるフリールーム。例えばプロジェクターを設置すればミニシアタールームとして使用でき、ゆっくりとしたひと時を過ごせます。

最新のテクノロジーが
住まい手を健康的な暮らしへと導きます。

家族のカラダとココロの健康を考えた
新しい暮らし方を提案します。

健康のためには、一年中適度な室温の家が必要です。

  • 124時間熱交換換気

    室内の空気を常にきれいな状態に保ち、さらに熱交換換気で温度環境も一定に保ちます。

  • 2吸気口

    汚れた空気を屋外への排気とし、UV光触媒ユニットに送るための吸気口です。

  • 3セントラルエアコン

    2台のエアコンで家全体に適温の空気を送ります。各部屋にエアコンがないので見た目も美しくなります。

    ※暖房時の場合。冷房時は階間のセントラルエアコンのみ使用します。

  • 4ブースターファン

    階間ブースターファン温められた空気を各部屋に送りこみます。

日本の家が寒いのはなぜ?その寒さと健康は関係があるのですか?

「昔は夏の暑さがリスク。近年、影響がわかってきました。」

夏涼しく風通しの良い家に。
“寒さは我慢”が普通でした。

エアコンなどなかった時代には、高温多湿の夏を快適に過ごすために、風通しを良くする家づくりが行われていました。その分冬の寒さは我慢があたり前となり、我慢していることに気づかないほどに。しかし近年の研究で、冬の寒さと健康の相関関係がわかってきたのです。

冬場の寝室は10℃前後が多い?!

日本の一戸建てでは、エリアを問わず冬の寝室の多くが10℃前後の温度に。30℃前後に保たれた暖かな寝具から出るだけで、身体は20℃の温度差にさらされてしまいます。

“一日中暖かい”が世界の常識

欧米では、室内は一日中暖かくしておくのが一般的。日本には就寝時に暖房を止めてしまう習慣があり、冷たい空気が肺や身体の冷えにつながって健康に影響をもたらすのです。

家の中の温度差も、健康に大きく関係します。

モデルハウスを撮影したものに加工を施したイメージです。

業界最高水準の断熱性能“HEAT20 G3”を持つ「すごい家」。

業界最高水準の断熱性能
“HEAT20 G3”をクリア。

平成28年の省エネ基準やZEH適合基準の上をいく“HEAT20”の最高グレードとなるG3の断熱性能基準をクリア。熱の逃げにくさを示すUA値がG3基準の0.20W/㎡•Kと同等の断熱性能を実現しました。

全館空調と高断熱性能で、部屋間や部屋の上下の温度差を解消。

“顔がほてり足元がひんやり”が
ありません。

高断熱と全館空調により、部屋の上下の温度差の少ない家に。暖房を効かせると顔はほてり、足元は寒いままといったことがなく、部屋全体が均一に暖まります。

“部屋を出ると廊下は冷え冷え”も
ありません。

高断熱・全館空調の家は、外の寒さや暑さを家の中に持ち込まないだけでなく、部屋の上下の温度差も少なく、部屋間の温度差も少ない、快適な空間を実現できます。昔の家のように暖かいリビングを一歩出ると、エアコンの暖気が届かない廊下や洗面所、トイレは寒くて震えてしまったり、夜中トイレに行くのが寒くてイヤ、といった心配は無用。急激な温度変化による身体への負担も軽減されます。

断熱性能は、健康とどういう関係があるのですか?

「高断熱の家に住むと」健康改善につながるというデータがあります。

ヒートショックによる死者数は
年間で約17,000人?!※1

冬の深夜、布団の中が30℃、室温が10℃とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃の温度差を感じ、廊下やトイレはさらに寒くなります。この温度差によるヒートショックこそが健康の大きなリスク。日本でのヒートショックに関連した死者数は2011年の1年間で約17,000人と推計されています。

※1 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所による推計

高断熱の家に住んだら健康が改善したという声。

高断熱の家に引っ越した人に健康状態の変化を聞いたところ、断熱性が高い家ほど引っ越してから健康を害する諸症状が出なくなったという割合が高いことがわかりました。

家の断熱は、運動や禁煙より健康改善の貢献度が高いのです。

さらに飲酒・運動・禁煙・断熱の4つの要因でどれが健康改善への貢献度が高いのか調査すると、いずれの症状においても断熱が最も改善に貢献するという結果となりました。

健康のためにきれいな空気をすべての部屋に。

最新の空調換気システムで
クリーンな空気環境を実現

外からの空気をきれいにして取り込むテクノロジーと家の中の空気をきれいにして循環するテクノロジーで『窓を開けないで計画的に換気』ができます。

冬の寒さ、春の花粉、外のほこりなどが気になって窓を開けたくないという住まい手の声に応えるためのテクノロジーです。C値0.2という圧倒的な高気密住宅だからこそ実現できる新しい生活スタイル。高性能フィルター、光触媒のテクノロジーでクリーンな空気を循環させます。

3つの効果で家族の健康を守ります

上記数値は、性能試験に基づく値であり、実機の性能とは異なります。また、空気中の有害物質すべてを除去できるものではありません。
地域仕様について

※詳しくは、店舗スタッフにご確認ください。

  • 標準地仕様
  • 寒冷地仕様

安心して暮らせる、ストレスフリーな毎日に。

停電時でも電気が使える太陽光発電&蓄電池標準搭載。

災害時の停電が心配な住まいから、
自立的にエネルギーを供給できるレジリエンス住宅へ

災害時に自宅にとどまることができたとしても、停電してしまうとさまざまな機能が停止し、住み続けることが困難に。「すごい家」は太陽光発電に加え蓄電池も標準搭載。太陽光の電力の活用・蓄電に加えて普段は夜間の安い電力を活用でき、災害時には非常用電力として使えるレジリエンス住宅です。

心から安心して暮らしたいという声に応えるため、
「耐震等級3+制震」標準搭載

地震で心配なのは建物の倒壊が第1位

内閣府の世論調査によると、大地震が起こったとしたら心配なことの第1位は「建物の倒壊」。気になっていながらも、耐震診断をしていない人の方が多いようです。

出典:「防災に関する世論調査」(内閣府)平成29年11月調査、地震対策に関する意識、大地震が起こった場合に心配なこと、複数回答。

すごい家が基準にしているのは、「耐震等級3」の設計。

一邸一邸のプランを構造設計CADシステムで検証し、住まいの安全性を確かなものにします。耐震等級3は、国土交通省の住宅性能表示制度・耐震等級における最高等級であり、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の1.5倍の地震力に対しても倒壊しないレベルを表します。

求めていた理想の暮らしをカタチにしました。

求められているのは、
ライフスタイルにフィットする家。

〈調査方法:webアンケート方式(インターネット調査)/調査対象:30〜59才の男女/調査期間:2021年5月/自社調べ〉

一邸一邸、LIXIL住宅研究所の
設計士がプランニングします。

「みんなの理想の家」と、あなたの「すごい声」を合わせてグッドデザイン賞やキッズデザイン賞など数々の受賞歴のあるLIXIL住宅研究所の設計士がプランニング。思い描いていた家族の暮らしをカタチにします。

「すごい家」取り扱い店舗

すごい家の商品説明はもちろん、土地探し、資金相談など家づくりに関するご相談は、下記店舗まで、お気軽にご相談ください。
しつこい営業等ございませんので、安心してご相談ください。

北海道・東北
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
関東
中部
近畿
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国
四国
九州・沖縄
地図
    北海道・東北
  • 山形県
    • アイフルホーム
      山形中央店
    • 山形県山形市馬見ケ崎2-7-40
    • 023-681-0346
    • 来店予約
  • 関東
  • 埼玉県
    • アイフルホーム
      三郷店
    • 埼玉県三郷市ピアラシティ2丁目7-6 三郷ハウジングステージ内
    • 048-951-5763
    • 来店予約
  • 千葉県
    • アイフルホーム
      船橋店
    • 千葉県船橋市夏見台5-8-19
    • 047-429-1041
    • 来店予約
  • 神奈川県
    • アイフルホーム
      横浜西店
    • 神奈川県横浜市泉区上飯田町928-1
    • 045-800-3015
    • 来店予約
  • 中部
  • 石川県
    • アイフルホーム
      金沢南店
    • 石川県野々市市押越2丁目55番
    • 076-248-4111
    • 来店予約
  • 長野県
    • アイフルホーム
      佐久店
    • 長野県佐久市岩村田2340-1
    • 0267-68-8817
    • 来店予約
  • 岐阜県
    • アイフルホーム
      可児店
    • 岐阜県可児市広見2丁目36番地
    • 0574-63-5677
    • 来店予約
  • 愛知県
    • アイフルホーム
      岡崎南店
    • 愛知県岡崎市上地2丁目6-7
    • 0564-58-4200
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      豊川店
    • 愛知県豊川市馬場町縄手上39
    • 0533-80-2900
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      名古屋北店
    • 愛知県名古屋市北区丸新町110
    • 052-903-9900
    • 来店予約
  • 近畿
  • 兵庫県
    • アイフルホーム
      洲本店
    • 兵庫県洲本市納218番地の1
    • 0799-24-0558
    • 来店予約
  • 中国
  • 鳥取県
    • アイフルホーム
      米子店
    • 鳥取県米子市皆生3丁目12-8
    • 0859-30-2882
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      鳥取店
    • 鳥取県鳥取市湖山町東4-24
    • 0857-38-9161
    • 来店予約
  • 島根県
    • アイフルホーム
      松江店
    • 島根県松江市西津田4-1-6
    • 0852-28-0855
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      出雲店
    • 島根県出雲市中野美保北2丁目8-10
    • 0853-23-8570
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      益田店
    • 島根県益田市高津6丁目22-38
    • 0856-22-7737
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      益田店浜田展示場
    • 島根県浜田市熱田町44-1
    • 0855-24-1107
    • 来店予約
  • 山口県
    • アイフルホーム
      岩国店
    • 山口県岩国市門前町3丁目17-11
    • 0827-28-5037
    • 来店予約
    • アイフルホーム
      岩国店柳井展示場
    • 山口県熊毛郡平生町平生村558-16
    • 0820-56-9500
    • 来店予約
  • 四国
  • 愛媛県
    • アイフルホーム
      川之江店
    • 愛媛県四国中央市妻鳥町1210-1
    • 0896-56-7701
    • 来店予約
  • 九州・沖縄
  • 大分県
    • アイフルホーム
      大分東店下郡展示場
    • 大分県大分市下郡北2-1-31
    • 097-567-0092
    • 来店予約
  • 長崎県
    • アイフルホーム
      長崎北店
    • 長崎県西彼杵郡時津町日並郷2195-8
    • 095-860-2211
    • 来店予約
  • 宮崎県
    • アイフルホーム
      宮崎店
    • 宮崎県宮崎市大橋2-89
    • 0985-23-1141
    • 来店予約