アイフルホームは、建てる一邸一邸において全棟地盤調査を実施し地耐力を調べ、最適な基礎計画の上に強い構造を築く家づくりを進めています。

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

クリックでメニューが開きます。
 
閉じる
アイフルホームの性能 ~More Quality for Your Life~
安全性能耐久性能快適性能

火災と地震に強い家

省令準耐火構造
「省令準耐火構造」とは建築基準法に定める「準耐火構造」に準ずる防耐火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構の定める技術基準です。一般木造住宅に比べ火災保険料も割安です。

地震に強い家 耐震+制震

住宅性能表示制度の耐震等級で最高等級3相当※を実現するアイフルホームの住宅のこだわりは、使用する建築材の基準は勿論、接合の基準、構造の基準を高い水準で定めています。アイフルホームは、建てる一邸一邸において全棟地盤調査を実施し地耐力を調べ、最適な基礎計画の上に強い構造を築く家づくりを進めています。

地震に強い家 耐震+制震
アイフルホームは地盤調査に基づいた基礎計画、構造強度を決める建築材基準、接合基準、構造基準を高い水準で定めています。

耐震構造
耐震構造
構造用集成材
大空間・大開口でありながら耐震等級3相当を実現する新技術。
テクノスター金物
接合部を強化する「テクノスター金物」が地震に強い構造をつくります。
剛床工法
梁と床面を一体化した「剛床工法」。28mm厚の構造用合板で1階、2階の床を面構造にします。
地盤調査・基礎計画
地震に強い家をつくるためには、基礎が大事です。全棟で地盤調査、その結果に基づいた最適な基礎を施工します。
耐震設計
アイフルホームは最高等級の「耐震等級3」相当の耐震性能を実現しています。
 

制震構造

アイフルホーム次世代制震システム



実物大実験で実証

実物大実験に関するニュースリリース

アイフルホームでは、阪神・淡路大震災クラスの大きな揺れと、その余震を想定した実物大実験を防災科学技術研究所にて行い、アイフルホームの地震に対する高い安全性が実証できました。

展示場にて実物大実験映像を公開中!

地震の際「粘弾性体」が、地震エネルギーを吸収し、建物の変形量を少なく抑えます。


制震効果(シミュレーションによる解析結果※3)

平屋建て住宅の場合

2階建て住宅の場合

3階建て住宅の場合


耐震設計へのアイフルホームのこだわり

「地震大国」と言われる日本。頻発する地震。いつ、どこで起こるかもしれない大地震。大切な家族や資産を守るため万全の備えが必要です。
アイフルホームは住宅性能表示制度の耐震等級で最高等級3相当※4を実現しています。

アイフルホームの耐震設計について、さらに詳しい情報はこちら



※記載内容は、住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したものです。同制度に基づき設計段階で評価したもので、完成後や経年変化を考慮したものではありません。地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。(申請・評価には別途費用がかかります。)

Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る