家や暮らしに対する考えや想いはひとそれぞれ。実際にセシボにお住まいの方々に、キッズデザインな暮らし方の印象を聞いてみました。

注文住宅、一戸建て、リフォーム、家の新築・建て替えならアイフルホーム。

クリックでメニューが開きます。
 
閉じる
お施主様インタビュー セシボ”絆”物語

Case2「ベッドのなかでしみじみ感じる幸せ」青森県八戸市にお住まいのMさん一家


青森県八戸市に住むMさんは、仕事柄、家に帰れるのが週に1~2回。時には深夜に帰って朝早く出かけなければいけないこともあり、家族に会える時間はあまりありません。 そんなこともあってか、家を建てることには興味はありませんでした。

ところがある日、「近くにアイフルホームのモデルハウスがある」という奥さんに誘われて出かけてみました。ただ、家を建てて大きな借金を抱えたくないという気持ちに変わりはありませんでした。少ない休みの日でも家族ででかけるのが大好きだったMさんは、家よりもいまの車を大きなワンボックスカーに買い替えようと思っていたのです。

そのMさんの気持ちを変えたのは、なんの気なしにモデルハウスを訪ねたときに親身になって話を聞いてくれた担当の方がいたからでした。話をしているうちにだんだんと家を建てようと思い、建てようと決めてからは、これまでにないほどワクワクしたそうです。
「家を建てることなんかないだろうと思っていたのに、いざ建てると決めたら、いろいろな家が気になり出して、アイフルホームだけでなく、あちこちの展示場を見てまわりました」

といっても、間取りやつくりにこだわったわけではありませんでした。
「ふだん、私は家にいないから、女性陣が使いやすいようにするのがいちばんいいと思ったから何も言いませんでした。いつも家にいる人が使いやすいようにつくればいいと思って全部任せました」

Mさんが意見を言ったのは二つだけ。一つは、広いお風呂はどうしても譲れないということ。もう一つは、階段をリビングにつなげてほしいということ。

「子どもが帰ってきて、家族の顔も見ないで二階にあがるのはよくないと思ったし、子どもの友だちが来ても誰が来ていたかわからないのはよくないでしょう。コミュニケーションをとるようにしないといけないからね」

新しい家はどうですか、と聞いてみると、「やっぱり、早く帰ってこようとは思いますね。風呂もゆったりできるし、寝るときがいちばん気持ちいいですね」

お訪ねした日、出産間近の奥様はすでに入院中。電話がかかってくるたびにおめでたの知らせかとドキドキしました。新しい家に新しい家族を迎えるMさん一家は、さらに幸せがやってきます。



キッズデザインの暮らしは快適ですか?
Case1「キズや落書きもみんな思い出に」
Case1「キズや落書きもみんな思い出に」
Case1「キズや落書きもみんな思い出に」


注文住宅の「セシボ」の商品紹介ページへ。すべての人にやさしいキッズデザインの家づくり。アイフルホームのキッズデザインは、大切にしたい家族の絆、子どもの好奇心や感受性、ゆとりをつくる家事効率を考え、家族みんなの笑顔が生まれる家づくりを提案します。
Copyright ©2000- 2015 株式会社LIXIL住宅研究所. All Rights Reserved.
アイフルホームはLIXIL住宅研究所が運営する住宅FCです。

トップ戻る