子育て世代を支える暮らしのお役立ちメディア【Sodate(ソダテ)】

ホーム

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

menu

メニュー

HOME

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

category

カテゴリー

子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

LINEアイコン
インスタグラムアイコン

運営会社について

運営会社について

新着記事・イベントをお知らせ
アイフルホーム公式LINE
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
アイフルホーム公式Instagram
インスタグラムアイコン

スケルトン階段とは? 設置のメリットや間取りに取り入れるポイント

スケルトン階段
スケルトン階段
目次

おしゃれなカフェやインテリア雑誌などでよく見かけるスケルトン階段。デザイン性が高いため、ワンランク上の部屋づくりを目指したい人にとても人気があります。今回の記事では、スケルトン階段を設置するのにかかる費用の相場やメリット・デメリット、間取りの注意点など、スケルトン階段を設ける時に重要となるポイントについて紹介します。

スケルトン階段とは?

スケルトン階段とは、骨組みと足を乗せる踏み板のみで作られた階段のことです。踏み板を支え、階段の段と段を垂直に塞ぐ蹴上げ板や手すり壁などが使われていないという特徴があり、「オープン階段」、「スリット階段」、「ストリップ階段」、「シースルー階段」などとも呼ばれます。

スケルトン階段が人気である理由の代表的なものに、デザインが際立っていることがあります。スケルトン階段には思わず目を引かれるようなおしゃれな製品が多いため、「インテリアや内装にこだわった住宅を作りたい」と考える人などにスケルトン階段は注目されています。

スケルトン階段を設置するメリット・デメリット

スケルトン階段のメリット・デメリット

ここではスケルトン階段を設置することのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。これから自宅を建築する、あるいは内装のリフォームやリノベーションを行う予定の方などは、後悔しないように、ぜひ参考にしてください。

スケルトン階段のメリット

スケルトン階段には蹴上げ板や手すり壁がないことから、階段の向こうを見渡すことができます。そのため、スケルトン階段のある部屋は、比較的狭い場合でも圧迫感を感じにくいという特徴があります。また、採光や風通しにも優れているため、空間が明るくなり、開放的な雰囲気になります。
光をより多く取り入れたり、空間を広く見せられるスケルトン階段は、見た目がおしゃれでとても魅力的なアイテムです。

加えて、スケルトン階段は廊下がなくても設置が可能であるというメリットがあります。リビングや寝室、吹き抜け、玄関などにスケルトン階段を取り入れてほかの間取りを広く取るなど、アイデア次第で効率的に空間を使うことができます。
とくに、リビングに階段を設置するリビング階段の間取りでは、スケルトン階段はおすすめです。

スケルトン階段のデメリット

スケルトン階段には、段差の隙間を塞ぐ蹴込み板がありません。また、手すりの支柱の間が広く取られているものもあります。このため、安全性にはとくに注意が必要です。小さい子供が隙間から落下し怪我を負うおそれがあるため、事故が起きないように必要に応じて転落防止のネットなどを取り付けてみるといいでしょう。

他にも、スケルトン階段には階段下を活用しにくいというデメリットがあります。従来の木製の箱型階段では階段の下の空間を利用して収納やトイレなどを設計することができました。しかし、スケルトン階段ではこのようなスペースの活用は難しいかもしれません。ただ、テレビや高さのない家具や収納棚、作業机などを置いてちょっとしたスペースを作ることはできます。リフォームや新築の際にスペースの利用に不安がある場合には依頼先のハウスメーカーや工務店に事前に相談するのがおすすめです。

スケルトン階段の価格の相場は?

新築やリフォームでスケルトン階段を設置する場合、一般的な木製の箱型階段よりも価格の相場は高めになります。高品質の素材を使用したり、施工が複雑になるケースが多く、費用が膨らみやすいのです。デザインや設置する場所、使用する資材などによって価格は異なってきますが、一般的なタイプの階段の費用相場よりはコストがかかるため、予算を多く見積もっておく必要があります。

スケルトン階段を設置する際の間取りのポイント・注意点

スケルトン階段のある間取りのポイント

スケルトン階段を採用する際には、間取りやレイアウトの設計に注意が必要です。従来の箱型階段は廊下に設置されることが多いです。これに対して、スケルトン階段はリビングに直接取り付けられるのが定番です。そのため、上の階に行く時は必ずリビングを通ることになります。
従来の箱型階段とは生活動線が大きく変わることが分かると思います。リビングやLDKに階段を配置する場合には、家族の暮らしが良く見えるようになりますが、もしかすると、「来客時にプライバシーが確保しにくい」、「子供が友達を呼びにくい」といった問題も発生するかもしれません。このため、今の暮らしだけでなく、子供が大きくなった時や家族構成が変わった時のことなど、将来の見通しも踏まえてスケルトン階段を設置する場所を考える必要があります。

スチール、アルミ、木製など素材の種類や様々なタイプがあり、デザインも豊富でスタイリッシュでおしゃれな見た目が魅力のスケルトン階段ですが、デザイン性だけでなく安全性への配慮は忘れずにしましょう。蹴上げ板や手すりにアクリル板で隙間をふさぐようにしてある階段もあります。小さい子供がいる家庭ではそれらの導入を検討するのもおすすめです。

おわりに

スケルトン階段で限られた空間を上手に活用すれば、ワンランク上の内装に仕上げることができます。おしゃれなデザインが多く、開放的な空間が魅力的なスケルトン階段ですが、将来設計や生活動線、安全性などにも考慮しながら、ぜひ設置を検討してみてください。

心地よい時間を過ごす FAVO for RELAX
心地よい時間を過ごす

心地よい時間を過ごす

家事や子育て、仕事。気付けばずっと、“オン”の私。
家で過ごす時間が増えた今だからこそ、
自分らしく心地よく過ごせる空間で“オフ”の時間を楽しんで欲しい。
「FAVO for RELAX#心地よい時間を過ごす」家をご提案します。

詳しく見る

この記事を書いた人
アイフルホーム
アイフルホーム

1984 年の創業以来、「より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する」との使命を掲げ、お客様の「良い家に住みたい」というご要望にお応えするため、だれもが安心して家を手に入れられる住宅のフランチャイズチェーンシステムを開発・導入したパイオニアです。

youtubeアイコンインスタグラムアイコンホームページアイコン
カテゴリー
子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

人気の記事
月別アーカイブ
ニュース一覧
新着記事・イベントを
LINEでお知らせ
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
インスタグラムアイコン