子育て世代を支える暮らしのお役立ちメディア【Sodate(ソダテ)】

ホーム

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

menu

メニュー

HOME

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

category

カテゴリー

子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

LINEアイコン
インスタグラムアイコン

運営会社について

運営会社について

新着記事・イベントをお知らせ
アイフルホーム公式LINE
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
アイフルホーム公式Instagram
インスタグラムアイコン

地鎮祭とは?やり方や費用、準備するもの、マナーについて徹底解説!

地鎮祭イメージ
地鎮祭イメージ
目次

新築を建てると決めたあとにやることのひとつが、「地鎮祭」です。ただ、地鎮祭を行おうと考えている方の中でも、なぜ行うのか、どういう儀式なのかをよく知らない方は多いのではないでしょうか。そこで、ここでは地鎮祭とはどのようなものなのか、やり方や費用、準備、マナーなどについて解説します。

地鎮祭とは?依頼先や日程について解説!

地鎮祭イメージ

地鎮祭とは、建物を建てる前に、その土地を守っている氏神様から土地を利用する許可を得ることで建築工事中の安全などを祈願する儀式です。一般的には「じちんさい」と呼ばれていますが「とこしずめのまつり」という読み方もされます。全国に浸透している風習ですが、地鎮祭は義務ではありませんので、必ず行わないという訳ではありません。時代の変化に伴って、いまどきは地鎮祭を行わない人も増えています。

他に、住宅建築にまつわる儀式として「上棟式」というものがあります。これは、工事が棟上げまで完了したときに行うもので、安全に工事を進めてこられたことへの感謝と、引き続き完成までの無事を祈ります。

地鎮祭は神主さんに依頼

地鎮祭は、家を建てる土地まで神社の神主さんに来てもらい、神式で行うのが一般的です。ただし、宗教上の理由で、お寺に依頼したり、キリスト教式で「起工式」を行ったりする人もいます。神式で行う場合、以前はその土地の氏神様を祀っている神社へ依頼していましたが、現在はそうするケースは少なくなっています。

地鎮祭全般ついては、神主の手配や準備をしてもらえることが多いので、ハウスメーカーと相談して準備を進めましょう。

地鎮祭における吉日とは?

地鎮祭は、六曜の吉日である「大安、友引、先勝」の午前中に行うのがよいとされています。一方、「仏滅、先負、赤口」や「三隣亡」は避けたほうがよいとされている日です。

しかし、工事の日程や関係者の都合によっては、必ずしも吉日に行えるとは限りません。中国の占いに用いられた六曜は、本来、地鎮祭には関係ありませんので、六曜にこだわり過ぎることなく関係者と円満に日程調整をしましょう。

地鎮祭で準備するものを紹介

施主は、基本的にすべての物を準備する必要はなく、お供え物と「初穂料(玉串料)」を用意します。儀式で使う笹竹や白木の鍬、砂などは、ハウスメーカーや神主さんが用意してくれる場合があります。

お供え物は、米や奉献酒(奉献酒は一升瓶二本の清酒を奉げるのが一般的で、包装紙で包み、のし紙の上部に「奉献」または「奉献酒」と表書きした「のし紙」を付けます。)、塩、海の幸3種類、野菜3種類以上、果物3種類などで、その神社ならではのお供え物が必要な場合もあります。5000~1万円程度に収まることが多いでしょう。一方で、近年ではハウスメーカーや神主さんがお供え物も用意し、施主が準備しておく物は初穂料のみというケースも増えています。

また、地鎮祭を終えるといよいよ建築工事が始まるため、騒音や工事車両の往来で近隣住民に不便をかけることになります。この機会に、近隣へ挨拶にまわるのであれば、簡単な挨拶の品も用意しておくとよいでしょう。

地鎮祭における費用の相場・のし袋の書き方は?

必要になる費用は、工事の規模が大きいほど増加する傾向にあります。また、地域によっては、全国的な相場の倍以上となるなど、大きく異なることもあるようです。

お祝いなどのお金を収める封筒をのし袋といい、初穂料(玉串料)も、のし袋に収めます。初穂料は、先に神主さんに渡して儀式のあいだ祭壇に奉納されるケースが多い一方、儀式が終わってから感謝の気持ちとして渡すこともあります。

地鎮祭における費用

一般的な一軒家の場合、初穂料(玉串料)の相場は3~5万円です。奇数のきりのよい数字にすることが多いようです。
祭壇の設置など、さまざまな資材のレンタル料や設営代が必要な場合には、3~5万円程度かかるでしょう。現在は簡略化した地鎮祭を行うケースもあり、依頼する神社によって用意する物も異なりますので、依頼先のハウスメーカーと相談し、地鎮祭の実施を含めて判断しましょう。
お供え物は、先述したとおり、5000円~1万円になります。
以上を合計すると、6~11万円ほどはみておかねばなりません。

なお、資材レンタル料と設営代、お供え物の代金は、建築費用の諸経費に含まれている場合もあります。重複して発注・出費をしないよう、事前にしっかりと確認しましょう。
また、近所への挨拶回りをする場合は、戸数分の手土産代金(1軒あたり500~1000円程度)も必要になります。

そのほか、近年は省略することが多いものの、儀式の最後に「直会(なおらい)」をする場合は、そのお食事代金もかかります。

のし袋の書き方

祝儀袋・のし袋

初穂料(玉串料)を収める祝儀袋は、「のし袋」などとも言われますが、基本的に水引が「蝶結び」のものを使います。また、水引の取り外しが可能で、中袋があるのし袋を使用するのが一般的です。このタイプは、3~5万円を包む場合に適しているとされます。
水引が印刷されたタイプののし袋もありますが、包む金額が1万円以下の場合に利用されるのが一般的なので避けましょう。

のし袋には、毛筆や筆ペンで、名目と氏名を記入しましょう。
水引より上段中央には、「初穂料」または正式に「御初穂料」と書きます。
下段には、「(御)初穂料」よりも少し小さめの字で、施主の姓を書きます。フルネームや連名でも構いません。連名の場合は、中央に代表者の名前を書き、その左側に連名者の名前を続けます。

地鎮祭の当日の流れについて!挨拶や服装など

当日は、資材の設営業者や神主さんが家を建てる土地に祭壇などを設置し、お供え物を並べるなどの準備が整った後、儀式を始めます。

神式の一般的な地鎮祭の流れ・式次第

式次第内容
修祓の儀(しゅばつのぎ)祭壇や参列者を祓い清める儀式
降神の儀(こうしんのぎ)祭壇の神籬ひもろぎに神様を迎える儀式
献饌(けんせん)祭壇のお供え物を神様に食していただく儀式
祝詞奏上(のりとそうじょう)神様に建物を建てることを報告し、工事の安全を祈願する祝詞のりとを申し上げる
四方祓(しほうはらい)土地の四隅を祓い清め、米・塩などをまく。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)ともいう
地鎮の儀(じちんのぎ)鍬入れなどを行い、鎮め物を埋める
玉串奉奠(たまぐしほうてん)神前に玉串(榊に紙垂しでをつけたもの)を捧げる
撤饌(てっせん)お神酒などのお供え物を下げる儀式
昇神の儀(しょうじんのぎ)神籬に降りていた神様をお送りする
閉式の辞(へいしきのじ)地鎮祭の閉会の挨拶

式は、「修祓の儀(しゅばつのぎ)」から「閉式の辞(へいしきのじ)」まで10の次第で構成されるのが一般的です。そのあとに、簡単なお食事会である「直会(なおらい)」をする場合もありますが、いまどきは直会が行われないことが普通となってきました。

そのうち、施主がやることは主に2つです。まずは、式次第6つ目の「地鎮の儀」で、神主さんから鍬を受け取り、“鍬入れ”という盛り砂を掘り起こす動作を行います。鍬を入れる時には、鍬を入れる動作を3回「えい、えい、えい」と声を出して行います。また、7つ目の「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」で、玉串を祭壇に置き、二礼二拍手一礼をします。

当日、施主は式の締めくくりなどで挨拶を促される可能性があります。その際は、関係者の方へ「地鎮祭に出席してくれた感謝の言葉」と、作業者の方へ「工事の安全第一のお願い」を述べるようにしましょう。

地鎮祭の服装は何を着れば良い?

地鎮祭当日の服装は、スーツ(学生は制服)を着れば間違いありませんが、個人宅の地鎮祭の場合は、普段着で出席する人も増えています。ただし、儀式を執り行ってくれる神主さんはもちろん正装ですので、清潔感のある服装を選び、極端に派手なものや露出の多いものなどは避けましょう。

おわりに

地鎮祭は、首都圏を中心に行わない人も増えていますが、慣習に則ることで安心できるという方も多いでしょう。いよいよ工事が始まるという段階で改めて関係者に挨拶ができますし、近隣住民に最初の挨拶回りをするきっかけにもなります。その土地で末永く安心安全に暮らせるよう氏神様へお願いするためにも、地鎮祭の開催を検討してみてはいかがでしょうか。

アイフルホーム 概要

1984 年の創業以来、「より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する」との使命を掲げ、お客様の「良い家に住みたい」というご要望にお応えするため、だれもが安心して家を手に入れられる住宅のフランチャイズチェーンシステムを開発・導入したパイオニアです。
高いコストパフォーマンスと統一品質の実現により、適正価格で高品質な住まいを提供し続け、これまでに17万棟を超える住まいを提供してきました。

アイフルホームの考えるより良い家とは、「安全で快適に暮らせる家」であること。
アイフルホームの考えるより良い家とは、「暮らしやすい家」であること。
アイフルホームの考えるより良い家とは、「こだわりを叶える家」であること。
アイフルホームの考えるより良い家とは、「長く住み続けられる」こと。

この記事を書いた人
アイフルホーム
アイフルホーム

1984 年の創業以来、「より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する」との使命を掲げ、お客様の「良い家に住みたい」というご要望にお応えするため、だれもが安心して家を手に入れられる住宅のフランチャイズチェーンシステムを開発・導入したパイオニアです。
アイフルホームは「子ども目線、子ども基準の家づくり」に取り組んでいます。
また、多様化する生活スタイルに柔軟に対応し、子どもだけでなく、家族みんなの生活を豊かに、快適に過ごせる家をご提案します。

youtubeアイコンインスタグラムアイコンホームページアイコン
カテゴリー
子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

人気の記事
月別アーカイブ
ニュース一覧
新着記事・イベントを
LINEでお知らせ
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
インスタグラムアイコン