子育て世代を支える暮らしのお役立ちメディア【Sodate(ソダテ)】

ホーム

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

menu

メニュー

HOME

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

category

カテゴリー

子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

LINEアイコン
インスタグラムアイコン

運営会社について

運営会社について

新着記事・イベントをお知らせ
アイフルホーム公式LINE
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
アイフルホーム公式Instagram
インスタグラムアイコン

家づくりをプロ目線で解説!階段下スペースの使い方BEST3

space-stairs
space-stairs
目次

デッドスペースになりがちな「階段下の空間」、あなたの家はどのように活用していますか?今回は住宅のプロがおすすめする、階段下スペースの有効活用できる使い方をご紹介します。
これから家を建てたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

3位:オープンスペースにするべし!

space-stairs

ここでのポイントはオープン階段にすること。オープン階段とは、蹴込板のない骨組みが見えるすっきりとしたデザインの階段のことをいいます。オープン階段は明るさを保つことができ、おしゃれでインテリアの一部にもなります。オープン階段を設置することで、階段したのスペースは広々と自由な空間にすることができます。

2位:トイレスペース

space-stairs

デッドスペースになりがちな階段下は、トイレにしてスペースの有効活用もおすすめ!

1位:収納スペース

space-stairs

多くの方が実践している活用法は、「収納スペース」。
背が低い収納しかスペースがない場合は、物を取り出しにくいので使用頻度の低い季節ものなどを収納することをおすすめします。

space-stairs

玄関に近い場合は、資源ごみなどの一時置きに。ストック品も収納できるといいですね。

space-stairs

奥行きが取れるスペースがあったら、側面の壁に棚を作ってみると立体的に収納ができておすすめです。

番外編:階段ヌック

space-stairs

階段下をヌックにして自由な空間に。趣味を楽しんでも良し。子どもの勉強スペースにしても良し。デッドスペースだった空間が、最高の癒し空間に変身します!

まとめ

デッドスペースになりがちな階段下スペースを有効活用できる方法をお届けしました。限られた空間の中で、いかに暮らしやすい間取りにするか、色々悩みますよね。家族の毎日をもっと明るく心地よくするために、日々研究を行っているアイフルホームが教えてくれた「階段下スペースの使い方」、ぜひ参考にしてみてくださいね。

監修:アイフルホーム

アイフルホームは、「お施主様にとって必要なスペックだけを取り入れたコスパの良い家」を提案しています。

◇公式インスタグラム >> https://www.instagram.com/eyefulhome_official/
◇お客様の声 >> https://www.eyefulhome.jp/owner/

この記事を書いた人
池田夕起
池田夕起

横浜でゆるっと気ままな暮らしをしている二児のママ。
自宅やオンラインで離乳食や幼児食のレッスン、ママや子どもに向けたおやつ作り教室など開催。
時には保育士、調理師、栄養士など専門家も受講する離乳食講師を務める「離乳食の専門家」です。
 ー実績ー
離乳食インストラクター協会2級講座講師
離乳食レシピ提供
離乳食レシピはcookpad人気検索1位獲得経験有
かんたんおやつ教室(ママ向け・キッズ向け・親子クッキング)開催
子育てや食をテーマに多数メディアにて執筆

インスタグラムアイコンホームページアイコン
カテゴリー
子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

人気の記事
月別アーカイブ
ニュース一覧
新着記事・イベントを
LINEでお知らせ
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
インスタグラムアイコン