子育て世代を支える暮らしのお役立ちメディア【Sodate(ソダテ)】

ホーム

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

menu

メニュー

HOME

イベント

読みもの

キーワード

ABOUT

お問い合わせ

category

カテゴリー

子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

LINEアイコン
インスタグラムアイコン

運営会社について

運営会社について

新着記事・イベントをお知らせ
アイフルホーム公式LINE
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
アイフルホーム公式Instagram
インスタグラムアイコン

二世帯住宅の間取りの3つの種類、完全分離・一部共有のメリット・デメリット

二世帯住宅の種類
二世帯住宅の種類
目次

親世帯と子世帯で様子を見ながらともに暮らすことを考え、マイホームを二世帯住宅で建築したいと検討中の方も多いと思います。その中で、「二世帯住宅の間取りにはどんな種類があるの?」「3世代同居をするのは初めてなので不安…」などのお悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回の記事では、二世帯住宅の間取りの代表的な3つの型について解説し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。二世帯住宅の種類やその特徴を知り、暮らし方にあった家作りのヒントにしてみてください。

二世帯住宅の間取りの種類

二世帯住宅の間取りの種類は、大きく分けて「完全同居型(共有型)」、「完全分離型(独立型)」、「一部共有型(部分共有型)」の3つのタイプとなります。ここでは、3種類それぞれにどのような特徴があるかご紹介します。

完全同居型二世帯住宅(共有型)

完全同居型は、各世帯の寝室以外を二世帯で共用する住宅です。玄関やキッチン、浴室やリビングなど、共用部分が住宅の大半を占めることが最大の特徴です。

完全分離型二世帯住宅(独立型)

完全分離型とは、各世帯の生活空間を、玄関から完全に分けた形の二世帯住宅です。共有部分がなく、世帯同士が完全に分離しているため、別居や近居に近い感覚での同居ができる間取りといえるでしょう。

一部共有型二世帯住宅(部分共有型)

一部共有型は、住宅の一部分だけを共有し、それ以外のスペースを各世帯で分離する形の二世帯住宅です。部分共用型二世帯住宅などとも呼ばれており、完全同居型二世帯住宅と完全分離型二世帯住宅の中間にあたります。

完全同居型二世帯住宅のメリット・デメリット

ここでは、寝室以外のすべての空間を共用する「完全同居型二世帯住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。

完全同居型二世帯住宅のメリット

  • 各世帯同士のコミュニケーションが容易なので、家族間のコミュニケーションが深まりやすく、お互いの家族の様子が見られるので、体調の異変などに気づきやすく、安心
  • 間取りがシンプルになり、浴室や洗面所、玄関などを共有するので、建てるときの建設コストや住んでからの光熱費を抑えられる
  • 共用部分が多いため、各部屋を広く大きく使える

完全同居型二世帯住宅のデメリット

  • 各世帯のプライバシーを完全に確保することが難しい
  • 世帯ごとの生活時間が異なるなどのトラブルが予測される場合、安心して暮らすための工夫やルール作りが必要

建てる際のコストを抑えられる完全同居型二世帯住宅ですが、親子の世帯と両親の世帯がみんなで一緒に生活するスタイルなので、プライバシー確保などの問題が生じる可能性もあります。リビングやキッチンを中心にして、寝室など各世帯が個々で使用するスペースをバランスよく配置して、家事協力とプライバシーを両立しましょう。

完全分離型二世帯住宅のメリット・デメリット

完全分離型二世帯住宅

ここでは、玄関をはじめとするすべての生活空間を分離する「完全分離型二世帯住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。 世帯の分ける方法には、上下階で分離したり、左右で縦割りに分離する方法があります。

完全分離型二世帯住宅のメリット

  • それぞれの世帯の独立性が高いので、世帯間の距離を保ちながら、生活サイクルや生活スタイル、価値観の相違による、世帯間のトラブルを回避しやすい
  • 将来的に賃貸住宅への転用も容易

完全分離型二世帯住宅のデメリット

  • 一軒の家にすべての生活空間を2つ作るため、建てる際の建設コストや住んでからの光熱費が高くなりがち
  • 各世帯の交流が減り、家族の様子を見ることが難しくなるため、体調の異変などに気付きにくい

建てる際にはコストがかかりますが、2つの家族がほぼ別々の住まいとして暮らせるため世帯間のプライバシーを尊重して暮らせる点が大きなメリットです。
万一転居や離別・死別などによって将来は二世帯住宅として使用しなくなっても、一世帯分を賃貸として活用できます。

一部共有型二世帯住宅のメリット・デメリット

一部共有型二世帯住宅

ここでは、玄関や廊下、水まわりなどの一部の生活空間を共有し、それ以外を分離する「一部共有型二世帯住宅」のメリットとデメリットをご紹介します。

一部共有型二世帯住宅のメリット

  • プライバシーをある程度確保しつつも、日々顔を合わせてのコミュニケーションを取れるなど、バランスの良い半同居生活ができる
  • 完全分離型と比較すると、建てる際の建設コストを抑えられる
  • 共用部分と独立部分を世帯ごとの都合で決められ、間取りの自由度が高め

一部共有型二世帯住宅のデメリット

  • 共用部分で顔を合わせる際、気遣いが負担になる可能性がある
  • 各世帯の生活時間が極端に異なる場合、共用部分の使い方などでストレスが生じることも考えられる

顔を合わせて様子を見ながら、互いのプライバシーも保ちやすい点が一部共有型のメリットです。トラブルの可能性が予測される場合は、共有部分の使用ルールを作るなど互いの配慮を前提とした意思決定を事前にしておき、解決につなげましょう。

おわりに

暮らし方や生活リズムも異なる別世帯が、お互いのプライバシーを確保しながらも、1つの敷地に1つ屋根の下に住まう二世帯住宅。
二世帯住宅の間取りは大きく「完全同居型」「完全分離型」「一部共有型」という3つのタイプに分けられますが、暮らし方や生活パターン、ライフステージや家族構成の変化、お互いの世帯の距離感などよって、どの二世帯住宅のタイプがベストかは変わってきます。
孫の世話を依頼したり、両親の介護をしやすいなど、サポートしあえる二世帯住宅ですが、それぞれのメリット・デメリットを考慮し、お互いを見守り、助け合える住まいの形を検討してみてはいかがでしょうか。

二世帯で暮らす FAVO for WITH
二世帯で暮らす

二世帯で暮らす

三世代が幸せになれる暮らし。大人数ならではのだんらん。
ライフスタイルの違いを尊重してほどよい距離を保ちながら、
食事や家族のイベントで喜びをともに。大家族の絆が深まります。

詳しく見る

この記事を書いた人
アイフルホーム
アイフルホーム

1984 年の創業以来、「より良い家を、より多くの人に、より合理的に提供する」との使命を掲げ、お客様の「良い家に住みたい」というご要望にお応えするため、だれもが安心して家を手に入れられる住宅のフランチャイズチェーンシステムを開発・導入したパイオニアです。
アイフルホームは「子ども目線、子ども基準の家づくり」に取り組んでいます。
また、多様化する生活スタイルに柔軟に対応し、子どもだけでなく、家族みんなの生活を豊かに、快適に過ごせる家をご提案します。

youtubeアイコンインスタグラムアイコンホームページアイコン
カテゴリー
子育て

子育て

整理・収納術

整理・収納術

インテリア・家具家電

インテリア・家具家電

安全・防災

安全・防災

食・レシピ

食・レシピ

家づくり

家づくり

人気の記事
月別アーカイブ
ニュース一覧
新着記事・イベントを
LINEでお知らせ
\ 通知を受け取る /
LINEアイコン
家づくりのアイデア
暮らしのヒントを発信
インスタグラムアイコン